月別アーカイブ: 2015年8月

税務官OBに相続対策を依頼するメリット・デメリット

 

近年、相続対策のブームを受け

税務官OBが相続対策及び申告を行っているケースがよく見受けられます。

 

そもそも、税務官OBの強みは

税務署勤務の経験があり

 

税務官の立場として、どの様なものが

相続税申告時、否認されるのか?

 

或は、目を付けられるのか?

それを取り締まる立場から適正に理解していることが挙げられます。

 

要は、相続税申告時においては

これほど心強い専門家はいないと断言できるでしょう。

 

しかし、「相続対策」という観点から見た場合

一概にそうとは言い切れない点が存在します。

 

まず、彼らは「相続税を適切に申告しているか」

その点を見分ける管轄官ではありますが

 

それは、あくまで「相続税」

もっと言えば、「税務」においてのみの話です。

 

しかし、相続において、発生し得る問題は「相続税」だけではありません。

 

遺産分割時のトラブルや遺留分を基点とする「もめごと」など

実際には様々な要素が絡み合っています。

 

そういった「法務」や「もめごと」に対しては

別途知識やスキル、もっと言えば実体験が必要であり

 

そういった点において税務官OBは基本専門外です。

 

つまり、税務官OBだからといって

安心して全ての対策を委ねてしまうと

 

遺産分割やもめごとで漏れが発生してしまいます。

 

「税務」と「もめごと」は別問題なのです。

 

例えば、生前贈与。

 

生前贈与は相続財産の前渡しなため

法律上、最低限財産を受け取れる権利である

 

「遺留分」の算定基準に影響を及ぼします。

 

要は、不要に生前贈与を行うと

後々もめる可能性が極めて高い、ということです。

 

こういった点まできちんと問題提起してくれるでしょうか?

 

同様に、組織とは「上の人間」が変われば

方針は大きく変わります。

 

過去、税務官だからと言って

現在の税務署の考え方、注力している点を正しく把握しているでしょうか?

 

相続を取り巻く法律、状況は10年もあれば

大きく変わります。

 

過去、その様なルールだからと言って

「今」それを問題視しているとは一概に言えません。

 

組織とは状況や方針、上に立つ者が変われば

対応も大きく変わるものです。

 

従って、一概に「元○○」だからといって

過信しすぎるのは危険だと言えます。

 

但し、これは税務官OBだけではなく

相続を取り巻く「各種専門家そのもの」にも言えることです。

 

一見、大手であっても同業から評判がよくない

というのはどの業界にもあるものです。

 

専門家を探すのが簡単な時代だからこそ

正しい価値基準をもって専門家を選ぶ必要があるのではないでしょうか?

 

 

相続の納税資金・遺産分割資金対策なら表参道相続相談事務所

 

 

———————————————————————-

表参道相続相談事務所

〒107-0062 東京都港区南青山4-17-33 グランカーサ2F

HP: http://www.omote-souzoku.com/

 

Tel: 050-3579-9901

Mail: tamabayashi@omote-souzoku.com

———————————————————————-

幻冬舎様より出版のオファーを頂きました

 

昨日、幻冬舎様より出版のオファーを頂き

一度お会いしてきました。

 

多くの専門家が目先の相続対策を提案される中

本質的な相談者に寄り添った内容が目に留まった

 

ということが、オファーのきっかけだそうです。

 

また、本件に合わせ、「弊社でセミナーを行いませんか?」

との温かいお言葉も頂きました。

 

集客も幻冬舎様の方で行って頂けるようで

どうしようか現在思案中です。

 

近日中に皆様に良いご報告ができれば、と思います。

 

 

相続の納税資金・遺産分割資金対策なら表参道相続相談事務所

 

 

———————————————————————-

表参道相続相談事務所

〒107-0062 東京都港区南青山4-17-33 グランカーサ2F

HP: http://www.omote-souzoku.com/

 

Tel: 050-3579-9901

Mail: tamabayashi@omote-souzoku.com

———————————————————————-